このブログでは「引越しに関する最新情報」や「役に立ちそうなサービス」を紹介していきたいと思います。(不定期ですがあしからず・・・^^;)

引越し 見積もり前の駆け込みサイト! 業者からもらう見積もりを通して、本当に付き合うべき業者を選定できる!







月別アーカイブ

2009年08月(1件)
2009年07月(1件)
2009年05月(1件)
2008年09月(1件)
2008年08月(1件)
2008年06月(1件)
2008年05月(1件)
2008年04月(1件)
2008年03月(3件)
2008年02月(1件)
2008年01月(3件)
2007年12月(2件)
2007年11月(1件)
2007年10月(2件)
2007年09月(3件)
2007年03月(3件)
2007年02月(5件)
2007年01月(5件)
2006年12月(5件)
2006年11月(3件)
2006年10月(4件)
2006年09月(3件)
2006年08月(4件)
2006年07月(3件)
2006年06月(5件)
2006年05月(5件)
2006年04月(5件)
2006年03月(7件)
2006年02月(8件)
2006年01月(7件)
2005年12月(1件)


ブログタイトル一覧


引越し役立ちグッツ



今日は引越しに役立ちそうなグッツを発見したので、
紹介します。

重い段ボールを片手で軽々持ち運び「ソロリフト」


運ぶたび 腰をかがめて重いダンボールを持ち上げる・・・とても
骨が折れます。

これがあれば憂鬱なダンボール運びも多少楽になりそうです。

売り文句がいかにも通販チックなのは怪しいですがw ↓↓↓


ちょっとほしいです。使ったことがある方 感想お願いします!


---------------------------------------------------------

■ 人間工学の世界的権威「Dr.マラス


アメリカの高名な人間工学博士「Dr.マラス」が病院を訪れる患者を診て
背骨のよじれ等の原因から来る腰痛を 少しでも和らげられないかと開発したこのアイテム。
博士のアイデアが随所にちりばめられ、いくつも特許を取得しています。


ダンボールを運ぶ際に背骨にかかる圧力を
1/2~1/3まで軽減してくれます。
背中への負荷が少ないということは、それだけ体の負担が少ないということ。
体感重量が半分に感じるのももっともです。


この『ダブルダンボールリフト』は、深い人間工学理論と幾たびもの実験、
さらに斬新なアイデアがミックスされて産声をあげたものなのです。





引越し企業 売上げランキング



最近 引越し業者の口コミランキングはよく見かけますが、
今日は実際の売上げランキングを紹介してみようと思います。



平成16年度引越売上高ランキング (百万円、%)

右から売上高、増減率、決算期です。


1.日本通運
 67,183 ▲3.0 17年3月期

2.ヤマト運輸(グループ)
 41,151 ▲5.6 17年3月期

3.アートコーポレーション
 33,600 5.5 16年9月期

4.サカイ引越センター
 33,559 6.2 17年3月期

5.全国引越専門協同組合連合会
 27,411 6.3 16年12月期

6.引越社(グループ) ※アリさん
 26,361 2.1 17年3月期

7.0003アーク引越センター
 6,493 9.0 17年2月期

8.松本引越センター
 6,230 ▲15.0 17年6月期

9.名鉄運輸(グループ)
 4,439 - 17年3月期

10.山九
 3,706 ▲6.1 17年3月期

出典:HJ引越情報

日本通運が一位なんですね。意外。 気づかないだけかもしれないけど、
あまり目立ちませんよね。


何か面白い取り組みや集客方法を確立しているのかな?調べてみます!




引っ越しはレスラーに!



ここではユニークな引越し会社も取り上げていきたいと思って
いた矢先、従業員全員がレスラーという会社を見つけました。

とにかく重い荷物がたくさんの時などはすごく重宝しそうですね。


以下、asahi.comより抜粋です。

------------------------------------------------------------

春の引っ越しシーズン。従業員全員がプロレスラーという運送会社がある。

横浜市都筑区の「レスラーズ運輸」。大日本プロレスのアブドーラ小林=本名・小林洋輔さん(29)=が代表を務め、アルバイトの従業員も全員、同僚レスラーだ。昨夏の開業以来、口コミで広まり、月10件
ほどの仕事が入るまでになった。

運送会社を始めたきっかけは、2年前の物損事故。地方興行で北海道を訪れた際、リングを運ぶ4トントラックが事故で横転し、廃車になった。年間興行数は約70回。唯一のトラックがなくなったことに困り果てた。

そんなとき、コピー機などOA機器運送会社を営む小林さんの知人が荷運びの手伝いを求めてきた。
交換条件として地方興行の時、トラックを貸してくれるという。コピー機1台の重さは約300キロ。    
力自慢のレスラーには、うってつけの仕事だった。05年夏、この知人と共同で本格的に運送会社    を立ち上げた。

将来への不安もあった。
小林さんは「大日本でレスラーを続けるのは40代までが限界。50、60代はどうなるのか」と
感じ始めていた。

引退して慣れない手つきで飲み屋を開業する先輩や突然、行方不明になった後輩を見てきた。     自身、プロレス一筋で普通の社会人経験がないことへの焦りもあった。

仕事は順調だ。見積料金が他社と同じでも「プロレスラーさんなら」と選んでくれる客もいる。


運送業は、リングでも役立っている。小林さんは昨年11月、相手レスラーをタンスのように抱え上げて
場外へ投げる「引っ越しスープレックス」を考案。タンスを抱えていた時にひらめいた。
「プロレスも引っ越しも喜んでくれるお客さんがいる。両方とも真剣勝負です」

名刺には、こんな紹介文がある。



「モノを壊すのは、リングの上だけですのでご安心ください」





運びのコンビニ



日本通運が地域密着型の新スタイル「運びのコンビニ」を開始してます。

まずは都内で五十店舗を展開し、販売まで可能な総合営業拠点を目指していくとのこと。


窓口では、ペリカン便をはじめ、引っ越し、書類保管、旅行代理など消費者向けサービスのほか、
事務所移転や保管、運送手配など法人関連業務も受け付けています。


サービス名が表すように「運び」にフォーカスしているようです。


ちなみにヨドバシカメラにも出店してます。

↓↓↓↓↓

運びのコンビニ

引越しを申し込むとヨドバシで購入した家電の配送料が無料になるとか。



私自身はあまり利用する機会はいまのところなさそう。ニーズがあれば広まって
いくと思うので、しばらく静観です。




引越しの面倒おまかせ その2



今日はヤマトのサービスを紹介します。
以下日経産業新聞より引用です。

--------------------------------------------------------
荷造りの際、事前に新居到着時の家具の配置だけでなく、棚の中の
レイアウトや食器の位置などを打ち合わせし、荷物が到着すると職員
が顧客の要望どおりに再現する。

このサービスは作業員が荷造りなどをしてくれる従来の「らくらくパック」
に組み込まれ、担当するのは基本的に同社の正社員。アルバイト比率
が比較的低い同社ならではの取り組みとも入れる。

担当者は事前に食器陳列などの訓練を積む。

顧客からは「引越しの作業が終わった直後から普段の生活に戻れる」
など好評だ。

--------------------------------------------------------

棚の中までやってくれるのはすごく助かりますね。
家族が多いと食器もかさばるので、主婦層から支持されていそうです。

私なんかは引越し後、数ヶ月はレイアウトが決まらずそのままですけど。。
なので、引越しの当日に決まっているなんてことはありませんw



Copyright(C)2005 All Right Reserved.