このブログでは「引越しに関する最新情報」や「役に立ちそうなサービス」を紹介していきたいと思います。(不定期ですがあしからず・・・^^;)

引越し 見積もり前の駆け込みサイト! 業者からもらう見積もりを通して、本当に付き合うべき業者を選定できる!







月別アーカイブ

2009年08月(1件)
2009年07月(1件)
2009年05月(1件)
2008年09月(1件)
2008年08月(1件)
2008年06月(1件)
2008年05月(1件)
2008年04月(1件)
2008年03月(3件)
2008年02月(1件)
2008年01月(3件)
2007年12月(2件)
2007年11月(1件)
2007年10月(2件)
2007年09月(3件)
2007年03月(3件)
2007年02月(5件)
2007年01月(5件)
2006年12月(5件)
2006年11月(3件)
2006年10月(4件)
2006年09月(3件)
2006年08月(4件)
2006年07月(3件)
2006年06月(5件)
2006年05月(5件)
2006年04月(5件)
2006年03月(7件)
2006年02月(8件)
2006年01月(7件)
2005年12月(1件)


ブログタイトル一覧


松本引越しセンター 新キャンペーン



松本引越しセンターの新キャンペーン情報をお届けします。


『風水ブリザードフラワー プレゼントキャンペーン』

7月14日までに引越しを完了された方にブリザードフラワーをプレゼントしているそうです。


好みは人それぞれですが、個人的には引き出物のカタログみたいに選べるといいのですが~
お金がかかるから無理かな?どこかやってくれる引越し会社はないでしょうか。

※ブリザードフラワーとは?

生花にプリザーブド加工という特殊な加工を施し、生花のみずみずしさや風合いを長期間
保つことのできるお花です。




引っ越しの住所変更、官民共同サイトで一括手続き



下記、去年(2005年)の11月30日の記事です。

引越しの際、要な手続きに関して市、電力やガス会社が一緒に組んで
手続きを一斉に申請できるサービスを提供するらしいです。

転入届など結構大変なので、これは便利と注目してます! 

今年の2月から実験が始まるとのこと。早く本格的なサービスに
として提供されてほしいですね!

評判がよければ色々な県や市にも広がっていくだろうけど・・・・
やっぱり国の対応は遅いんだろうなぁ。。zzz



-----------------------------------------------------------------------
【記事】


札幌市や北海道電力、北海道ガスは、引っ越しの際に必要な住所変更の手続きを共同の
専用サイトで受け付ける実証実験に取り組む。市民は一度、氏名や新住所を書き込めば
一斉に電子申請でき、転入届など紙面での提出が必要な書類は規定の書式でプリント
アウトできる。利便性を高めて届け出漏れを防ぐとともに、受付業務の効率化につなげる。

 現在、市や各社は電力や水道の利用、新聞の購読開始の手続きなどを個別にネットで
受け付けている。専用サイトではこれらの機能をまとめ、利用者が一度入力すれば各社
に連絡できるようにする。住所変更などの手続きを官民が共同で受け付ける取り組みは、
全国でも珍しいという。

 年明けにモニター50人を募集し、来年2月に実証実験を実施。高齢者などネットに不慣れ
な人には電話で対応し、代行入力する。




各社様々 引越しの見積書



こんにちは~

いまサイトで紹介しているのは、最初にメールでもらう簡単な見積もりですが、
今度は訪問後にもらう見積書をサイトにアップしたいと思います。
もちろん必ず確認しなければいけない項目も合わせて紹介します!

4社分 手元にあるのですが、各社書き方や項目が様々でおもしいですよ!
なるべく早く紹介できるようにがんばります~




引越し専業各社、安値で拡大



下記、日経新聞からの抜粋です。記事の内容からすると引越し業者の淘汰が
厳しくなりそうですね。

価格勝負だと一時的に質がさがったりする企業がでてくるだろうからあまり歓迎
できないのですが、価格競争が起きると、必ず差別化しようとする会社も出て
くるので、期待してます。

最近、イケメンが化粧品を売って繁盛しているので、作業員がイケメンだけの引越しなんて・・・
流行りませんね。ごめんなさい。^^;


-------------------------------------------------------------------


市場は縮小傾向――専業各社、安値で拡大


 引っ越し業界では価格下落に歯止めがかからない。3人家族が東京から大阪へ引っ越す場合の平均単価は10年前の二十数万円が、現在は20万円を切る水準まで低下した。サカイ引越センターや引越社など専業は単価を下げてでもシェアを取る戦術を強化している。

顧客が価格重視で業者を選ぶ傾向は依然強い。最近はインターネットで申し込む利用者が多く、複数社に見積もりを依頼する。現住所や引っ越し先の住所、間取り、家族構成を入力すると30社近くの見積価格が一斉に計算されるサイトもある。物流大手系各社の間には「専業大手の価格水準に追随するのは厳しい」との声もあがる。

ただ少子化や核家族化の影響で市場縮小が予想されるなか、リピーターの確保も重要。梱包の丁寧さなどだけでなく、利用者の細かいニーズに応えるプラスアルファのサービス充実の勝機はここにある。
あとは社員教育などのコストを吸収し、いかに利益を確保するかなどが課題となる。




大学丸ごとの引越し費用はいかほど?



HJ引越し情報 topページのレポート部分に、


『豊洲新キャンパス開校で約7億5000万円の移転引越/芝浦工業大学』


という見出しがありました。詳細は分かりませんが、芝浦工業大学が田町から
豊洲に引っ越したそうです。その時の引越し総額が7.5億円ということでしょうか。

いやー すさまじい^^; 確かに大学丸ごとだとすごい量の荷物になるだろうけど、
こういった記事を読まないといくらかかっているかなんて想像つきませんね。

億の引越しかぁ 一生関係ないんだろうなw



Copyright(C)2005 All Right Reserved.