このブログでは「引越しに関する最新情報」や「役に立ちそうなサービス」を紹介していきたいと思います。(不定期ですがあしからず・・・^^;)

引越し 見積もり前の駆け込みサイト! 業者からもらう見積もりを通して、本当に付き合うべき業者を選定できる!







月別アーカイブ

2009年08月(1件)
2009年07月(1件)
2009年05月(1件)
2008年09月(1件)
2008年08月(1件)
2008年06月(1件)
2008年05月(1件)
2008年04月(1件)
2008年03月(3件)
2008年02月(1件)
2008年01月(3件)
2007年12月(2件)
2007年11月(1件)
2007年10月(2件)
2007年09月(3件)
2007年03月(3件)
2007年02月(5件)
2007年01月(5件)
2006年12月(5件)
2006年11月(3件)
2006年10月(4件)
2006年09月(3件)
2006年08月(4件)
2006年07月(3件)
2006年06月(5件)
2006年05月(5件)
2006年04月(5件)
2006年03月(7件)
2006年02月(8件)
2006年01月(7件)
2005年12月(1件)


ブログタイトル一覧


トラブルを未然に防ぐ、安心引っ越し業者の選び方



前回の週刊ダイヤモンドの第2章です。

参考になったのは下記の箇所。各地の運輸局はホームページで行政処分を下した業者のリストを
公開しているのは知らなかったです。不安な業者だったら調べてみたほうがいいですね。

----------------------------------------------------------------------------------

 運送業者が加盟する全日本トラック協会では、2005年11月から「引越管理者講習制度」をスタート
させ、サービス品質のレベルアップを図っている。受講資格は、実務経験が1年以上で各地のトラック
協会からの推薦を受けた者であること。「一般貨物自動車運送事業法」の認可を受けた緑ナンバー
のトラックを運用し、各地のトラック協会に加盟し、引越管理者がいて、きちんと下見に来る引越業者
以外とは契約しない」のが引越業者選びの常識だ。

 さらに、各地の運輸局はホームページで行政処分を下した業者のリストを公開している。処分に
至った細かい違反項目まではわからなくても、法令遵守の意識が低い業者は避けるのが賢明。
見積もりを依頼する前にチェックしておきたい。

トラブルを未然に防ぐ、安心引っ越し業者の選び方




シーズン到来!達人たちに聞いた究極の「引っ越し」段取り術



この時期ならではの記事その2です。

私がこれは確かに役に立つかもと思ったのは、下記の2つ

「近場の引っ越しであれば、あえて地元の運送業者を呼ぶ。商談中にご近所の話などをしておけば、
変なうわさを立てられると困るので、一所懸命にやってくれる」(メーカー・39歳・5回)

「見積もりを取り、契約する段階で『約束の時間から2時間以上遅れた場合は、こちらが続行か延期
かを決定できる』という一札を入れさせる。それをいやがる業者であれば、はなから信用できない」
(建設会社・60歳・12回)

他にもあるので気になった方は見てみてください。

トラブルを未然に防ぐ、安心引っ越し業者の選び方

2008年03月04日 週刊ダイヤモンド編集部




引越し業者はどうしてあんなにも値引きできるのか?



そんなに目新しい内容じゃないですが・・・・引越しの時期はこの手の
記事が喜ばれるんでしょうね~


[ 2008年02月19日 10時00分 ] エキサイトより

引越し業者は、かなり値引きする。最初の見積もり金額から、半額にも3分の1にもなる。
定価があるわけじゃないし、部屋の状況によって見積もり金額はさまざま。だからこそ、引越し料金は
見えない部分が多い。一体ホントの引越し料金って、どのくらいなんだろう?

ある引越し業者の人が、ざっくりと教えてくれた。
「引越しで基本的にかかるお金は、人件費と運搬の作業費です。ですので、梱包やゴミの処理など、
プラスでかかるものがあると、高くなります。とはいえ、引越し内容は十人十色ですので、具体的な
金額はなんともいえません。ここは(値引きの)交渉次第です」

その値引きについては、さらにこんなことをぶっちゃけてくれた。
「一般的に、引越し業者が最初に提示した見積もり金額から、3段階ほど安くなるものです。引越し業者
や営業マンによって意図は違うかと思いますが、交渉すればだいたい安くなりますよ」

3段階も安くするカードを持っておくのは、例えばこれからの値引き合戦のための体力温存だったり、
値下げ幅を大きく見せることで割安感を出すためだったりする。なんにしても、たくさんある業者の中
から、自分の会社を選んでもらうための作戦だ。
じゃあ、どんな基準で値引きに応じてくれるんだろうか。先週引越しした僕の経験則や、知り合い、引越し
業者などの話を総合すると……、


・他の業者の金額を引き合いに出す(基本テクニック。他社より1円でも安くしてくれることが多い)


・休日より平日を選ぶ(単純に混まない日の方が安い)


・午前より午後を選ぶ(作業員は午前の作業を終えて作業に来るため、午後は時間が読めない。時間
の読めない午後の方が安い)


・大安を避ける(今でも大安は混み合うため高い)


・カードではなく現金で支払う(業者が手数料をカード会社に払わなくて済むため安くなる)
・無料見積もり時に即決する(ただし数社見積もりをした結果、底値に近い額が提示されたときだけ使え
るテクニック。他の交渉方法でまだ下がる)

ざっとそんな感じ。他にも友人の中には「他の業者の安い見積もり結果を、いやらしくテーブルの上に
並べておく」なんてテクを使った猛者も。効果のほどは分からないものの、これで最終的な料金は、
見積もり金額の約3分の1になったという。

そうやって、引越し業者は、かなり値引きする。
値引きありきで見積もり金額を出すから、大きな値引きができるのだともいえる。
そんな相手に僕らは、2社以上に見積もりしてもらい、地道に値引き交渉していくことが大切になる。


Copyright(C)2005 All Right Reserved.